コラム詳細

青い空白い雲
loading...

安倍首相に、相撲協会に読ませたい「永井荷風の喧嘩道」

2017年12月10日号

牧太郎の青い空白い雲 647 

 いやぁー、面白いのなんのテェ......。こんなに面白い喧嘩(けんか)は久しぶりである。
 大相撲の横綱日馬富士が貴ノ岩に暴行を加えた事件。キッカケは、貴ノ岩のスマホに届いた女性のメールだという。「誰からだ?」と聞くと、貴ノ岩が「彼女です」と答えたばっかりに、横綱が激高。カラオケのマイクで貴ノ岩の頭を殴打した。
 暴行事件の陰にオンナあり! 深夜にメールした「彼女」って、どんなオンナなのか? 想像するだけで楽しい。
 医者の診断書がいかに「いいかげんなものか」ということも分かった。「ビール瓶を持ったのは持ったが、滑り落ちた」と大横綱の白鵬がヘタクソな"実況放送"をした。
 加計(かけ)学園問題も"一流の喧嘩"だし、「北朝鮮vs.トランプ」も結構面白かったが、相撲取りの大喧嘩の前では影が薄くなった。
    ×  ×  ×
 そこで、今回の「安倍首相に読ませたい」シリーズ第6弾は「作家・永井荷風の喧嘩道」である。
《夏の朝風に刺青を吹かせ、日本橋の真中で、喧嘩しる快感は決して、相手を無二無三に傷け害する事のみを必要しない。相手のものが心から恐れ入ったか否かを知る事よりも、先(まず)第一に、自分の心がすっきりと好心持ちになり、次いで急用を忘れて立留る見物人の方様へも、いさゝか面白い思ひをさせることが必要なのだ。喧嘩の相手と原因の何(いず)れが正しきか否かを問う如きは、蓋(けだ)し最後の最後である》
 これは、荷風が32歳の時、刊行したエッセー『紅茶の後』(明治44年)の序文。 見物人を喜ばせなければ「一流の喧嘩」とは言えない。同時に、相手に「逃げ道」を残し、徹底的に追い詰めないのが「ケンカの極意」である、と書いている。喧嘩は気分がサッパリすれば、それでいいのだ!
    ×  ×  ×
「戦い方」を知っているのは、荷風に「武者の血」が流れているからだ。 文学史上、最強の軟派?享楽に身を委ねる作家・永井荷風には意外にも「織田信長の血」が流れている。
 父方の祖先、永井直勝は徳川家康に仕え、7万2000石を賜った勇猛な武者。 母方は尾張国丹羽郡の豪族「土田家」の出。「土田家」は織田信長の母、土田御前の実家。つまり、荷風には「信長の血」が流れているのだ。
 だから「喧嘩の極意」を知っている。 既成概念と戦いながらも、読者を喜ばせ「究極の自由」を見せつける。喧嘩をして、見物人を喜ばせるが、気分が良くなったら、サッと逃げる。見事である。
    ×  ×  ×
 失礼ながら、安倍晋三首相は「喧嘩下手」である。
 何かにつけて「これが真実なら総理を辞め、政治家も辞める!」と喧嘩を買って出る。そのたびに国会は荒れる。
 敵と味方をハッキリさせる。初めて会ったのに、お世辞を言われると親友になる。トランプ米大統領には従属してしまった。
「喧嘩下手」が露呈したのは、第1次安倍政権の2007年政局である。
 安倍さんは「潰瘍性大腸炎」を患っていた。17歳で発症。国対副委員長となった時、食事ができずに3カ月入院している。この時が最も症状が重かったのだが、(妻・昭恵さんが「病名を公表すべきだ」と主張したが)安倍さんは「本当の病名」を隠した。
 07年夏、ストレスで再発した。実はこの時、幹事長の麻生太郎と官房長官の与謝野馨が「本当の病名」をメディアに漏らし、安倍さんは辞任表明に追い込まれた。 粘り腰に欠けていた。
 この「麻生・与謝野クーデター説」の真偽は分からないが、安倍さんの「喧嘩下手」を表す逸話として語り継がれている。
 安倍さんはすぐ喧嘩を買い、肝心な時に投げ出すタイプなのだ。要するに「子供の喧嘩」なのだ。
    ×  ×  ×
 それに比べて、衆院議員の小泉進次郎は「喧嘩上手」である。
 この間の総選挙。彼は「(小池百合子東京都知事は)無責任。都知事選、いつやったか。去年だ。(衆院選に立候補すれば)都政を投げ出す無責任。逆に、出なければ出ないで無責任」と喧嘩を売った。
 そして、勝った。勝負がつけば、小池さんを後追いしない。
 奴(やつ)には「任侠(にんきょう)の血」が流れている。これについては、別の機会に譲るが、どうやら進次郎に大ゲンカのチャンスがやって来た。
 そうそう、相撲協会さん!
 早く「子供の喧嘩」をやめないと、エライことになるぞ!

 

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    和田秀樹 精神科医

    2017年12月10日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 181   高齢者専門の精神科医として活躍する一方で、予備校...

コラム