コラム詳細

人生の四季
loading...

「『ひよっこ』が描いた有縁社会」

2017年10月22日号

一条真也の「人生の四季」 100 

 NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」が終わった。全国に「ひよっこ」ロスが発生しているようだが、わたしも楽しみに観ていた。基本的にテレビを観ない人間なのだが、桑田佳祐さんの主題歌「若い広場」に導かれた。
「ひよっこ」は、東京五輪が開催された1964年から始まる物語だ。茨城から集団就職で上京した谷田部みね子の成長物語で、有村架純(かすみ)さんがヒロインを熱演した。
 これまでの朝ドラと違って実在のモデルがいないので、先の展開が読めず、毎回ハラハラドキドキさせられた。岡田惠和(よしかず)氏の脚本がとにかく素晴らしく、それぞれの登場人物の人生には深みがあった。
 集団就職した若者たちがさまざまな苦難にも負けずに、明るく前向きに生きる姿には勇気をもらったし、みね子が就職した向島電機が倒産したときのエピソードには泣かされた。
 向島電機の倒産後、みね子は赤坂のレストラン「すずふり亭」で働くが、その裏にある広場には隣人たちが集い、「隣人祭り」が開かれた。
 このドラマでは、家族も隣人も職場の仲間もみんな「かけがえのない」存在だった。「ひよっこ」は、日本で血縁、地縁、職縁が最後の輝きを放った物語かもしれない。2010年に「無縁社会」キャンペーンを展開したNHKだが、素晴らしい「有縁社会」のドラマを作ってくれた。
 多くの縁も結ばれた。プロポーズや婚約発表の場面が非常に多いのが印象的なドラマだった。登場人物たちが次々に結ばれていき、最後は主人公みね子と恋人のヒデが結ばれた。本当に、幸せな気持ちになれる朝をたくさん与えてくれた。
 最終回のヒデとみね子がみんなに結婚の報告をする場面で、みね子の叔父の宗男が感極まって泣きながら、「悲しい出来事に幸せな出会いが勝ったんだ!」と言う。この言葉に感動した。父親の失踪、会社の倒産、初恋の人との別れなど、「悲しみ」もたくさんあったが、ハッピーエンドで良かった。素敵(すてき)なドラマに感謝!

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム