コラム詳細

それってどうよ
loading...

一寸の虫にも投稿魂

2017年10月15日号

OL400人は考える・それってどうよ!? 518=池野佐知子

「インスタ蠅(ばえ)」という言葉をご存じでしょうか? 画像共有アプリ・インスタグラムでの評価(=インスタ映え)を狙い、いつでもどこでも誰とでも、いい写真を撮れそうな対象に"たかる"人々のことを指すんだとか。ちなみに「あなたはインスタ蠅ですか?」に「YES」と答えたOLは37%! 3人に1人以上が蠅さんでした。
   ◇   ◇   ◇
「最近は遊びに行く場所もインスタに映えるかどうかで決めています。たとえば風船いっぱいのナイトプールとか、表参道の教会前とか。いかに写真映えするかでプレイスポットが決まる。それはそれで楽しいものですよ~」(コンピューター・24歳)
「友達のインスタ見ていると刺激されます。特に食べ物! 山盛りのパクチー鍋とかきれいな和菓子とかパンケーキとか。私も綿菓子なんて苦手なのにレインボーの綿菓子なんかも食べちゃったりして。アホとも思うのですが、やめられない。しかも何気にみんなで競い合うので、どんどんエスカレートしちゃいます」(アパレル・25歳)
「沖縄のとある橋の上で車を止めて写真を撮る(一瞬ですよ)という暴挙に出たことがあります。美しい海にまっすぐ延びる橋。そこに立つ私たちと車。周りに車が少ない早朝にわざわざ行って撮影しましたが、インスタに上げたとたん『危険!』『危ない』と批判の嵐。ご一緒した友人Aが会社にバレて大目玉、という事態を受け即削除。ほんの2時間くらいのアップでしたが、若気の至りです。反省しております」(薬品・25歳)
「アラサーのインスタは高級感がマスト。ミシュラン持ちのレストランでの食事とか、憧れの高級ホテルのロビーとか、海外リゾートの美しいビーチとか。『○○に連れてきていただきました』という文言はヒエラルキートップですが、私たち庶民働き蠅は、身銭を切るのみ。お金がかかって仕方がありません(失笑)」(商社・31歳)
「私自身はインスタもブログもやっていないのですが、先日会食した店は、お料理を出すごとにいちいち『お写真どうぞ』と言う。そのたびにほかのメンバーは写真を撮る。なんで? 私すぐに食べたいのに!と悶々(もんもん)とし、インスタ蠅との食事は面倒と思いました」(人材派遣・28歳)
「わたくし完璧なるインスタ蠅です。写真に映えるお料理を知ったら、同じくインスタ蠅ちゃんと何時間でもお店に並びます。正直『見た目はすごいけど、お味はイマイチ』と思うこともありますが、味良し的にしてインスタアップ。自慢、ですかね? でも楽しいからいいと思います。誇りを持ったインスタ蠅です!」(商社・29歳)
「食べ物を撮るときは(食べ物に)寄る、左右どちらかに寄せる、この二つの技術を駆使しておいしい写真を多数アップしています。蠅ですけど、別にいいんじゃ?」(飲料水・28歳)
「"エスニック系にたかる蠅ちゃんたちはカワイイ子が多く、パンケーキ系はイマイチ"と同期男子が言っていました」(IT・28歳)
   ◇   ◇   ◇
 一億総カメラマン化はますます進化中のご様子です

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム