コラム詳細

青い空白い雲
loading...

「加計劇場」の"脇役大賞"は『東京新聞』の女性記者に決定!

2017年7月 9日号

牧太郎の青い空白い雲 626 

「騒動」には、必ず"脇役"が登場する。奴(やつ)がいなければ「騒動」にならなかった!というような「活火山」みたいな脇役がいる。
 例えば「森友騒動」の鴻池祥肇(よしただ)元防災担当相。わざわざ記者会見して、渦中の森友学園・籠池泰典前理事長から「口利きの依頼」があった!と認め、封筒のようなものを渡そうとした籠池夫妻を「無礼者!」と大声で一喝した。
「アレがなければ、森友疑惑に火が付かなかったのに」と安倍首相周辺はボヤいてみせた。
 ちなみに、鴻池さんは麻生太郎副総理兼財務相の懐刀。この不可解な記者会見にはポスト安倍に向けた「陰謀」が隠されているのでは?との「穿(うが)った見方」まである。
    ×  ×  ×
 火を付ける「脇役」の一方、「水を掛ける脇役」もいる。
 と言えば......もちろん「あの人」、テレビの情報番組を渡り歩く田崎史郎さんである。多い時は1日に4回もテレビで見た。時事通信社特別解説委員という肩書だそうだが、日本には「彼しか政界の裏を知る人物がいない?」と思うような"売れっ子"である。
 彼の得意技は「騒動」に水を掛ける「消火ポンプ」。例えば「加計(かけ)騒動」。〈総理のご意向、という文書は、官邸に恨みを持つ人間が流したものです。官邸はこれを流した人間を知っている。大きな騒ぎにはならない。籠池さんみたいな激しいキャラクターがいないから大きな騒動にならない〉などと解説していた。
 チラッと「ここだけの話」を披露し、巧みに騒動の沈静化を図る。政権の回し者だ!との向きもあるが......時々、コメンテーター仲間から鋭い質問を受け、しどろもどろになる場面を「可愛い!」と評価するファンもいるらしい。
    ×  ×  ×
 極端に安倍政権寄りの"コメンテーター"と言われる田崎さん。どんな人のか? 興味が湧いた。
 当方、大平内閣の頃、彼と同じように永田町を取材したこともあり、少しは面識がある。が、目覚ましい活躍は記憶にない。でも今回、改めて調べてみると意外にも、若い頃は元気のいい「左」だった。
 中央大法学部在学中に、三里塚闘争へ参加。凶器準備集合罪で留置されたこともあるという。時事通信社入社後にも、人事異動に不満を持ち「労働組合に所属していたことを理由にした左遷であり、不当労働行為である」と提訴したこともあるらしい。
 そんな経歴を持つ人物が「右寄りの政権」のために「問題ない!騒ぎにならない」を連発する。どこで歩く道が違ったのか? 人生って、面白い。
    ×  ×  ×
 2017年上半期の政界は「森友」「加計」の騒動に始まり、「忖度(そんたく)」「ご意向」の流行語で終わった。主役は「総理大臣ご夫妻」、準主役は「籠池夫妻」......でも今回はことのほか脇役が多かった。
 そこで"脇役大賞"を選んでみよう。
 ここで紹介した鴻池さん、田崎さんも"脇役大賞"の有力候補ではあるが、当方が推薦したいのは「『東京新聞』の女性記者」だ。
 彼女がにわかに注目を浴びたのは、6月8日の菅義偉官房長官の定例会見である。
「総理のご意向」文書について、彼女は、「前川(喜平=前文科省次官)さんだけでなく、複数の告発が出ています。もう一度真摯(しんし)にお考えになって文書の公開、第三者による調査という考えはないですか」と質問した。
 菅官房長官はいつものように「存否や内容などの確認を行う必要はない」と応じる。いつもならこれで終わるのだが、彼女は何度も何度も同じ質問を繰り返す。
「(文科省が再調査をしないのは)安倍総理や官房長官の菅さんたちが判断しているのではないのか」
 これには「それはあり得ません」と菅さんは苦しそう。事務方から「同じ趣旨の質問はやめてください」と制止されても、「きちんとした回答をいただけていると思わないので、繰り返し聞いています」と切り返す。
 実は、通常10分程度の会見が約40分も続いた。官房長官は記者会見が終わると、逃げるように首相の元に駆けつけた。翌9日、文科省は再調査の実施を発表した。
 彼女の質問がなかったら......である。彼女は警察や東京地検特捜部などでの事件取材が専門らしい。官邸記者クラブの「掟(おきて)」なんて知らないからズバズバ聞いた。
 これまで、官房長官の記者会見は「政権のPRの場所」だったが、初めて「政権を追及する場所」になった。
 あっぱれ!である
『東京新聞』社会部記者、望月衣塑子(いそこ)さんに"脇役大賞"を進呈したい。
 新聞は、まだ生きていたのだ。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム