コラム詳細

青い空白い雲
loading...

 "前川の乱"外伝! 卑劣な性犯罪と「出会い系」は違う

2017年6月18日号

牧太郎の青い空白い雲 623 

 常々考えていることだが、世の中に「絶対に正しいこと」は存在しない。
 たとえば、イスラム過激派である。「この教えは絶対に正しい!」と他人、他国に"強要"して、受け入れられなければ自爆テロに走る。さまざまな価値観が存在するのに......。「この教え」だけが絶対!と考えると、馬鹿馬鹿しい結末を迎える。
 日本でもかつて「教育勅語」にある「一朝事ある時には進んで国と天皇家を守るべきこと」こそ絶対に正しい!と信じ、多くの若者が戦火の犠牲になった。「絶対に正しい」は時に悲劇を生む。
    ×  ×  ×
 もちろん「絶対に悪いこと」も存在しない。
 例えばセックス産業。管理売春は法に触れ「悪いこと」だろう。だが江戸時代、吉原の花魁(おいらん)は(大奥女中を除くと)「一番稼ぐ女性」だった。太夫、格子、端(はし)、局(つぼね)、散茶、梅茶などのランクはあるが、最高位は1年間に800両(今に換算すると1億円以上)も稼いだ(武陽隠士『世事見聞録』)。
 その一方で、稼ぎの悪い遊女が病死して、引き取り手がいないと楼主は回向もせず「投げ込み寺」に穴を掘って埋める。吉原では、通称・土手の道哲の西方寺、大鷲(おおとり)神社前の大音寺、洲崎では深川猿江の重願寺などが有名だった。こんな無慈悲なことがまかり通った「セックス産業」ではあるが、売買春行為そのものに対する人々の価値観は時代によってだいぶ違う。
 古代から「圧倒的な需要」に支えられているからだろう。世間は「悲しいことだが、絶対悪というより必要悪」と心得ている。
    ×  ×  ×
 例の『読売新聞』の「前川前次官 出会い系バー通い 文科省在職中、平日夜」という記事は、「セックス産業は悪!」を前提として報道している。ご存じと思うが、前川前文科次官は「前川の乱」の主人公。安倍内閣が進めた「学校法人・加計(かけ)学園の国家戦略特区の獣医学部新設」に異議あり!と告発した人物である。
 この記事は「出会い系バーは未成年に対する買春行為に結びつく。そこに出入りするのは教育に携わる官僚にあるまじきこと」と主張する。菅義偉官房長官は「前川の乱」以降も〈絶対悪の風俗産業→頻繁にやって来る元官僚→そんな人物の言い分を信じてはならない〉との三段論法で批判し続ける。
 当の前川さん、といえば「そこで働く女性たちの貧困について調査した」と説明するが、どうやら彼も「セックス産業は悪」と考えているのだろう(一部報道によれば、出会い系バーの関係者は「紳士的な客だった」と感想を述べ、前川さんが買春したことはないらしい)。でも、僕から言わせれば〈官房長官・読売新聞vs.前次官〉の構図は意味のない「世間知らずの戦い」にしか見えない。
「セックス産業は絶対悪」と勘違いしているからだ。
 いまだに、『読売新聞』の記事をネタに前川批判を繰り返す向きに言っておきたい。女性はともかくとして、多くの男たちは「窮屈な正義を振りかざしている奴(やつ)」が大嫌いだ。
    ×  ×  ×
 断っておくが、「卑劣な性犯罪」は絶対に「悪」である。
 新聞は小さな扱いだったが、安倍さんの応援団みたいなジャーナリスト・山口敬之(のりゆき)氏から性的被害を受けたという女性が現れた。この女性は2015年4月4日、山口氏に都内のホテルに連れ込まれ、性的暴行を受けた!と主張する。訴えによると、彼女は東京・恵比寿の串焼き店で初めて2人だけで会い、2軒目の寿司店に入って1時間ほどしてからトイレで記憶がなくなった。そして、翌朝午前5時ごろにホテルのベッドで目が覚めると、裸にされ、山口氏が体の上にまたがっていたという。
 もちろん、真偽は分からない。だが、「顔」を出しての告発はよほどのことがあったからだろう。
 気になるのは、女性が警察に相談した後である。警察から「6月4日に山口氏が日本に帰国するタイミングで成田空港で逮捕する」という連絡が入っていたのだが、土壇場になって逮捕見送り。山口氏は書類送検された(東京地検は最終的に嫌疑不十分で不起訴)。
 この時、捜査員から女性は「上からの指示があり、逮捕できなかった」と聞かされたという。
 安倍さんの「お友達」だから逮捕されなかったのか? 安倍さんと親しいということで(身柄を拘束せずに)書類送検? それが事実ならおかしいじゃないか。
 出会い系バーに通った「前次官」に、「深夜に青少年を連れ出してはならない」とする都の青少年保護育成条例違反!と言う人がいる!と聞かされた。まさか?とは思うが......「絶対悪」信奉の面々も多いから、心配である。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    橋本マナミ 女優

    2017年6月18日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 157   かつて、"愛人にしたい女性ナンバーワン"のキャッ...

コラム