コラム詳細

人生の四季
loading...

「『人生の修活ノート』のすすめ」

2017年1月22日号

一条真也の「人生の四季」63 

 前回、「終末」の代わりに「修生」、「終活」の代わりに「修活」という言葉を提案した。「修生」とは文字通り、「人生を修める」という意味で、その活動が「修活」なのだ。
 このたび、『人生の修活ノート』(現代書林)というものを上梓(じょうし)した。
 いわゆる「エンディング・ノート」のイノベーションをめざした。超高齢社会を迎えた日本では、エンディング・ノートの必要性が増している。
 エンディング・ノートを遺言だと思っている方がいるが、それは違う。
 遺言というのは、法的な拘束性があるし、財産の分配などを記載する。自分がどのような最期を迎えたいか、どのような旅立ちをしたいか......そんな旅立つ当人の想いを綴(つづ)るのが、エンディング・ノートである。
 まず、エンディング・ノートには「残された人たちを迷わせない」という大きな役割がある。どんな葬儀やお墓を希望するかといった問題はもちろん、病気の告知や延命治療などのデリケートな問題も書き込める。
 本人も迷うだろうが、傍らにいる家族や知人はもっと迷い、悩んでいるのである。そんなときにエンディング・ノートに本人の意志が書かれていれば、どれだけ救われることか。
 またエンディング・ノートには、もう一つ大きな役割がある。それは、自分が生きてきた道を振り返る作業でもあること。最近は自分史を残すことが流行しているが、エンディング・ノートはその機能も果たしてくれるのである。気に入った写真を残す、楽しかった旅の思い出を書く、そんなことで十分なのである。
 最後に、愛する人へのメッセージを書き添えることもできる。残された人たちは、きっと故人のその言葉で救われ、愛する人を亡くした悲しみにも耐えていけることだろう。
 わたしは2009年に『思い出ノート』(現代書林)という、自分史ノートの要素をミックスしたエンディング・ノートを刊行した。今回の『人生の修活ノート』はそのアップデート版である。ぜひ、ご照覧あれ!

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム