コラム詳細

それってどうよ
loading...

花の命は短くて...なぜ花粉症は長い!

2016年3月 6日号

OL400人は考える・それってどうよ!?=池野佐知子 連載440

 いよいよ花粉の季節が始まりました。せっかくのいい気候も花粉症の人にとっては困りもの。花粉症のOLさんはどのような対策をしているのでしょう。
   ◇   ◇   ◇
「とにかくルイボスティーを飲んでいます。春を待たずに冬(12月)から飲み物はオール・ルイボスティーに。2月の後半からは会社にもデートにも、マイポットにルイボスティーで。なんとなく症状が軽減している気がします」(食品・27歳)
「会社の後輩から起き立てにすぐ足首を50回ずつ回すといいと教えてもらって、ここのところ(3年くらい)2月20日から、毎朝足首回しをしています。なぜ効くのか理屈は分かりませんが、症状は3分1くらいになった気がします」(薬品・26歳)
「花粉症も10年選手に。いろいろやってみましたが、たどり着いたのは規則正しい生活。ここ数年は2月から5月いっぱい、飲みにも行かずに夜10時に就寝しています。たっぷりの睡眠と栄養の整った食事が大事だと実感しています」(コンピューター・29歳)
「毎朝ヨーグルトを食べて、3食できるだけ納豆を食べるようにした去年。一昨年より全然調子が良かったです。今年もそろそろヨーグルト&納豆にトライしなきゃです」(商社・22歳)
「お水に少しお塩を入れて、鼻うがいをします。毎日帰宅後すぐに鼻うがいが春の日課です。最初はちょっと痛いけれど、慣れれば大丈夫。効果あります!」(自動車・27歳)
「早めに病院へ。2月ごろから薬を飲みはじめます。早めの薬が一番いいと思います」(損害保険・27歳)
「私ではないのですが、会社にスーパー花粉症の美女先輩がいます。3月過ぎると眼鏡、マスク、帽子、耳カバー(ビニールのもの)に、手術室に入るときみたいな透明の使い捨てのコート(って言うんですか?)を着て出社・退社。その様子はお見事! 社内名物となっているようで、他部署から見に来る人もいます」(通信・25歳)
「営業職なのを毎年恨む花粉の時期。夏に使う冷え冷えパットのようなものを会社に三つ常備して、帰社後すぐに目に当てます。その瞬間だけはとても気持ちいいけれど、すぐにまたかゆくなります」(飲料水・29歳)
「病院嫌いなので市販の薬を。でも眠くなるマックス。ときどき、仕事中も居眠りしています」(アパレル・26歳)
「針と指圧に行きまくります。週2、3回。ツボを刺激してもらうと本当に調子がいいです。自分でも手首の経絡"列缺(れつけつ)"ってとこを押しまくってます」(商社・27歳)
「家中に加湿器置いて、がんがん使います。全部で8台!」(人材派遣・27歳)
「大学生の弟は花粉症の時期は外に出ないと決めて引きこもっています。『社会人になったらソレ、できないよ〜』と脅してます」(化粧品・23歳)
   ◇   ◇   ◇
「花粉症に悩まされている」OLは72%。うち「何らかの対策をしている」OLは100%。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    研ナオコ 歌手

    2016年3月 6日号

     昨年、デビュー45周年を迎えた研ナオコさん。切ない女心を歌う"失恋ソングの女王"は...

コラム