コラム詳細

それってどうよ
loading...

まあいいじゃん、そんなこと((c)安倍)

2015年9月13日号

OL400人は考える・それってどうよ!?=池野佐知子 連載417

 佐野研二郎氏の五輪エンブレムが問題になっていますが、OLの間ではちょっと似たものを見つけると「佐野ちゃんしてない?」という言葉が飛び交っているようです。もちろん問題の真偽は不明ですが、今週は「実は私、これ、パクリました」を聞いてみました。
   ◇   ◇   ◇
「カレとお花見に行ったとき。カレが『○○ちゃんのお弁当食べたいなぁ』と言うので、ぜ~んぶ母に作ってもらい、きれいに詰めて出かけました。その完成度にカレ大感激。運良くまだ"その場で料理して"という状況にはなっていませんが、いつかその日が来るのだろうと思うとドキドキしてしまいます」(化粧品・25歳)
「小学5年生のとき。詩を書く宿題があったのですが、詩なんて書けない。兄のパソコンで『詩』を検索。有名なプロのものじゃバレそうなので、素人の書いた詩をそのままパクッて提出したら、先生に褒められてクラスの代表として学内コンクールに出展されてしまったんです。どうしたらいいか、泣きたくなるほど考えて、ほんと困りました。幸いにも学校代表作にはならずに本当に良かったと、急に明るくなったことを覚えています」(コンピューター・24歳)
「大学のリポートで、ある研究者の論文の一部をコピペして出したことはあります。もしかしてバレるかな、と思ったけれど、結局バレずにA(+)をもらっちゃいました(恥)」(商社・26歳)
「ちょっと頭良く見せたい席で、時事ネタなどの考察をネットからパクッて自分の思いのように発言することはあります。『そうだね~』程度に流されれば罪の意識は一切ありませんが、たまに『すごいね、その意見』とか『ぼんやりしてるふうだけど、本当はいろいろなことを考えているんだね。クレバーだなぁ』などと目を細められると、いつ化けの皮がはがれるか、気が気じゃなくなります(汗)」(商社・27歳)
「年に1、2回、さまざまなテーマで会社にリポートを出さなければいけないんですが、一昨年『環境問題』がテーマのときに何を書けばいいか分からずに本を買い込み、数冊からいいなと思う箇所を上手に抜粋し、1文字も自分の言葉ではないリポートを提出しました。バレてはいませんが、そのリポートの話題になると緊張してしまいます(失笑)」(化学メーカー・26歳)
「社内のキャッチフレーズコンテストに東南アジアのとある町のキャッチフレーズを出したことがあります。自分じゃ考えられなくてネットで見つけました。探すのに10時間くらいかかっていますので、ある意味、クリエーティブではあります」(IT・26歳)
「中学1年の読書感想文(芥川龍之介の『地獄変』)をネットで検索。4人の感想文を上手に組み合わせて提出しました。我ながらなかなかの出来だったのに評価はB。きれいにまとまりすぎていたのかもしれません」(コンサル・27歳)
   ◇   ◇   ◇
「あなたは何かをパクッたことがある?」に「ある」22%。パクリといえば中国が本場ですが、日本もなかなかのものなのでしょうか。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    毎熊克哉 俳優

    2019年5月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/251   映画「ケンとカズ」で新人賞を相次いで受賞。裏社会...

コラム