MMJ紹介

書影:MMJ8・9月号発行しました
loading...

MMJ8・9月号発行しました

  • 発売日2020年8月15日

ISBN:978-4-620-
定価:本体909円(税別)
判型:四六変型判
ジャンル:--

■世界の医学誌から■

96  内視鏡検査未施行のディスペプシア患者 ピロリ菌検査で陽性なら除菌治療―― BMJ

近藤 隆(講師)/三輪 洋人(主任教授) 兵庫医科大学消化器内科学

99  NASHのオベチコール酸第3相試験 線維化改善のみ達成 ――Lancet

中島 淳 横浜市立大学大学院医学研究科肝胆膵消化器病学教室主任教授

100 レスメチロムは肝脂肪量を減少 NASH患者対象の第2相試験 ――Lancet

中原 隆志(診療准教授)/茶山 一彰(教授) 広島大学大学院医系科学研究科消化器・代謝内科学

101  NAFLDは心血管イベントの独立危険因子とはいえず ――BMJ

一義 順天堂大学医学部消化器内科准教授

102 慢性膵炎疼痛の第1選択治療 早期外科治療介入が内視鏡的治療より優れる―― JAMA

宅間 健介(助教)/五十嵐 良典(主任教授) 東邦大学医療センター大森病院消化器内科

103 潰瘍性大腸炎患者の大腸がん発症 診断後1年間のリスク高い ――Lancet

中山 富雄 国立がん研究センター社会と健康研究センター検診研究部部長

104 重篤患者の消化管出血予防 高リスク患者で出血は減少するが死亡率改善せず――BMJ

川邊 隆夫 かわべ内科クリニック院長

105 大腸がんの病理検体 AIを用いて予後予測が可能 ――Lancet

小澤 毅士 帝京大学医学部附属病院外科助教/多田 智裕 武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科理事長

106 重症COVID-19へのレムデシビル投与で68%が臨床的改善 ――NEJM

葉 季久雄 平塚市民病院救急科・救急外科部長

107  2017年世界のICU 感染率54%、抗菌薬使用率70%、院内死亡率30% ―― JAMA

萬 知子 杏林大学医学部麻酔科学教室主任教授

108 不眠・傾眠を含む睡眠呼吸障害 閉塞性無呼吸では持続陽圧呼吸療法が基本――Ann Intern Med

浩一郎 千葉大学真菌医学研究センター 呼吸器生体制御学研究部門特任教授

109 ロシグリタゾンは心不全を増加させるが 心筋梗塞や心血管死を増やさない ――BMJ

笹子 敬洋 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科助教

110 米国の糖尿病有病率 アジア系とヒスパニック系が高い ―― JAMA

原井 望、森 保道(部長)虎の門病院内分泌代謝科

111 SGLT2阻害薬は2型糖尿病患者の痛風リスクを低下させる可能性――Ann Intern Med

山中 寿 山王メディカルセンター院長

112  人工膝関節置換術後の血栓塞栓症予防 オソシマブはエノキサパリンに非劣勢―― JAMA

桂川 陽三 国立国際医療研究センター病院整形外科診療科長

113  HPVワクチンの接種上限を45歳に引き上げる有効性と費用対効果――Ann Intern Med

上田 豊 大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学講師

114  乾癬性関節炎へのビメキズマブ適正用量など検討必要――Lancet

山本 俊幸 福島県立医科大学医学部皮膚科教授

115 健全な生活習慣を実践するか否かで 健康寿命に7〜10年の差 ――BMJ

一郎 東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野教授

116 高齢男性のLOH症候群 アンドロゲン補充により性機能やQOL改善の可能性

――Ann Intern Med

小川 純人 東京大学大学院医学系研究科老年病学准教授

■連載■

95 巻頭言

   新型コロナウイルス 感染拡大防止のポイント

   門脇 孝 編集委員

97 乳酸菌にピロリ除菌後胃がんを予防する可能性

117 薬剤部の窓 Vol.37

   トップレベルを意識して 研鑽を積もう

   大阪済生会野江病院 高橋 一栄薬剤部長

119 医療の法律処方箋 第92

   逆転有罪判決には 重大な法的問題点

井上 清成弁護士

おことわり 

「日本医師会便り」は休みました

著者紹介情報読み込み

購入サイト

書店によっては在庫が
ない場合があります。

お知らせ

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  •   
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ
  • Newsがわかる
  •