お知らせ

サンデー毎日2月7日号は1月26日発売。

編集長後記

 岩手県釜石市の海に近い坂道を駆け上がったのは2014年2月。高台にある寺までの286㍍を走る「韋駄天(いだてん)競走」に参加した。

 東日本大震災では、約1200人が津波からこの急坂を逃げた。その教訓を伝えるために企画され、以来節分の時期に実施されている。イベントとはいえ、実際に寺にたどり着いたとき、ほっとしたのを覚えている。

 コロナ禍の今年も2月7日に予定されている。「どんな時でも災害は起こりうることを改めて意識する機会に」と。

 大災害から間もなく10年。皆様から震災俳句・短歌を募ります。詳細は「サンデー俳句王」「ラブYOU川柳」をご覧ください。

(坂巻士朗)