お知らせ

サンデー毎日1月31日号は1月19日発売。

編集長後記

 大都会、東京で生きる人々を描くルポルタージュ「シン・東京2021」が今号で取り上げたテーマは、薬物依存症だ。今回知ったのは、依存症からの脱却を目標とする人たちにとって、コロナ禍で生まれる「時間」がやっかいな敵となることだ。

 登場する高知東生(たかちのぼる)氏は、「時間」を回復プログラムの取り組みや、自叙伝などの執筆にあてられたのが幸運だった。自助グループの仲間も支えてくれた。自分の弱さを認めて「居場所」をつかみ、依存症から離れようとしている。

 薬物などの犯罪には厳しく対処すべきだ。一方で、再出発する人たちに手を差し伸べる社会でありたい。

(坂巻士朗)