お知らせ

サンデー毎日12月20日号は12月8日発売。

編集長後記

 連載している「発達障害の現在地」は、当事者たちを取り囲む環境の変化に目を向けている。漁業や農業が中心だった産業構造が過去のものになり、身の回りに新しい通信技術が増え、核家族化が進む。さまざまな環境の変遷に伴って、社会が求める「子ども像」も変わっていく。一人一人の発達には差がある、という当たり前のことが忘れられがちとなる。

 ならば、ゆっくり発達する子どもたちを、周囲が支える意識や仕組みが大切になる。今週の「読者から」で紹介した兵庫県の佐藤美佳さんのご意見にそんなことを考えた。本人や家族だけの問題にせず、周りの大人も関心を持ち続けたい。

(坂巻士朗)