お知らせ

サンデー毎日12月29日号は12月17日発売。

編集長後記

「たとえ世界の終末が明日であろうとも、私は今日リンゴの木を植える」
 ルーマニアの外交官出身の作家、ビルジル・ゲオルギウ(1916〜92)の言葉です。作家の童門冬二さんから教わりました。〝今日も〟ではなく、〝今日〟と言い切るところが力強い、とも話されていました。
 アフガニスタンで凶弾に斃(たお)れた医師の中村哲さん。かの地で井戸を掘り続けた信念もまた、絶望とは無縁のところでリンゴの木を植える覚悟ではなかったかと思うのです。
 青木理さんの本号連載記事で、厳しいご指摘をいただきました。改めてジャーナリズムの原点と向き合い、いっそう丁寧な雑誌づくりを心がける所存です。
(隈元浩彦)