お知らせ

サンデー毎日11月17日号は11月5日発売。

 編集長後記

 補助金をだまし取った罪に問われた森友学園前理事長とその妻。検察は「狡猾(こうかつ)な犯行」と断罪し2人に懲役7年を求刑しました。どこか釈然としないのです。

 というのも肝心の国有地を法外な安値で払い下げた経緯が明かされるどころか、関わった官の責任が不問にされた点です。

 頭をよぎったのは名張毒ぶどう酒殺人事件で、一度は再審開始が決定されながら、釈放されないまま獄死した死刑囚のことです。結局、司法は死ぬのを待っていたのでは。狡猾なのはどちらなのか――。

 求刑の翌日、検察を統べる〝法の番人〟が醜聞で辞任に追い込まれました。

 全てを疑え。いま、私たちに求められていることだと思います。(隈元浩彦)