お知らせ

サンデー毎日11月3日号は10月21日発売。

編集長後記 

 天皇陛下即位の祝賀パレードが延期になりました。台風の被災者に心を痛めているといいます。古風に言えば"仁慈"です。

 即位を国内外に宣言する儀式は予定通りとしています。それに合わせて実施される恩赦の対象は約55万人。ほとんどは、有罪判決で制限された資格などを回復する「復権」です。

 恩赦の字義は、天皇の大恩による特別な赦(ゆる)し―。

 憲法上の国事行為とはいえ、専制君主的な前時代的な制度という批判もあります。一方で、君主の気分で刑罰が決まった時代、それを改める知恵でもあったそうです。

 ふと、冤罪(えんざい)を訴える袴田巖さんを思い起こします。釈放中ですが、死刑囚のまま。国に"慈悲"があっても、と......。(隈元浩彦)