お知らせ

サンデー毎日9月15日号は9月3日発売。

編集長後記

 京都にお住まいの読者からいただいた手紙に「のれんを一新したのですね」とありました。弊誌のタイトルデザインが変わったことについてでした。

 ロゴを変えたのは約20年ぶりです。角張りながらもシャープな新しい「のれん」は、"本の個性を削り出す"と評される装丁家の鈴木成一さんが手がけてくださいました。意図についてこう話します。

「ぶれない、骨太な強さでしょうか。厚かましくはないけれど、きちんと時代にモノを申す。そんなイメージを託しました」

「暖簾の懐古に、安易にもたれてしまう者は、そのまま没落してしまう」とは、山崎豊子さんの『暖簾』の一文。新生の題字に恥じない誌面を―と誓っています。

(隈元浩彦)