お知らせ

サンデー毎日5月19日号は5月7日発売。

編集長後記


 フランスで昨秋から続く反政権デモ「黄色いベスト」運動。その圧力に押されてマクロン大統領は、エリート養成校である国立行政学院の廃止を打ち出しました。市民の怒りが指導層に向かっているのを感じたからでしょう。
「上級国民」という言葉があるそうです。東京・池袋で車が暴走し12人が死傷した事故。ドライバーは現行犯で逮捕されませんでした。元高級官僚の経歴に、ネットでは「〈上級国民〉だから」という言辞が交わされています。
 そんな優遇策などあろうはずがありません。でも、上級国民の言葉に、統治への不信が沈殿している気配も感じられるのです。
 ベルリンの壁が崩れたのは平成元年。令和の幕開けは―。
(隈元浩彦)