お知らせ

サンデー毎日3月17日号は3月5日発売。

編集長後記

「スベテアツタコトカ アリエタコトナノカ パツト剥ギトツテシマツタ アトノセカイ」

 作家の原民喜は被爆時の広島をそう描きました。
 あの日、東北地方は同じ惨状に見舞われたのです。
 8回目の3・11の翌日は、東京五輪開幕まで500日の節目に当たります。ですが当初の復興五輪の理念はかすみがちです。
 ただ、招致活動の先頭に立った日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は6年前、「東京は福島から250キロ離れており安全」と国際社会に訴えたものです。それを思えば復興五輪は、はなから方便だったのかもしれません。
 忘れてはならないことがある―。そんなささやかな願いで小特集を組みました。
(隈元浩彦)