お知らせ

サンデー毎日2月3日号は1月22日発売。

編集長後記

 現役を引退した稀勢の里。地位に恋々としていたのではと思っていましたが、とんだ誤解でした。引退会見で信念を問われた横綱はこう言ったのです。「絶対逃げない」

 その瞬間、進退の機を見誤った、という批判はなりを潜め、名実ともに記憶に残る横綱になりました。生きた言葉が状況を変えたのです。
 およそ対照的だったのが前日の日本五輪委員会・竹田恒和(つねかず)会長の会見です。招致をめぐり仏当局からかけられた贈賄嫌疑を晴らす機会だというのに、質疑禁止の奇手に出ました。
 周知のように旧皇族の家筋。ノブレス・オブリージュ(貴族の義務)と相反する振る舞いを、世界はどう受け止めたのでしょうか。
(隈元浩彦)