お知らせ

サンデー毎日9月2日号は8月21日発売。

編集長後記

 8月15日の全国戦没者追悼式は、「平成」最後ということもあって、例年に比べ一層厳粛な空気が漂っていたような気がします。天皇陛下のおことばからは、「平和」に込める思いがひしひしと伝わってきました。作家の保阪正康氏は、おことばから天皇、皇后両陛下の戦争観、歴史的意味について鋭く洞察しています。とくに、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」とのおことばには、追悼式が単なる儀式ではなく、「世代から世代への申し送り」の意味があるといいます。過去、現在、未来を見据えた陛下の思いが伝わってくるようです。

「平成」とは何だったのか、改めて黙想したいと思います。
(城倉由光)