お知らせ

サンデー毎日3月4日号は2月20日発売。

編集長後記

 すごかった! 言うまでもなく、平昌(ピョンチャン)五輪での羽生結弦さんです。金メダルを取った"復活の笑顔"に、「けが」という大逆境を耐え忍んだゆえの「絶対王者」の風格を感じました。あの細い体から、オーラのように発せられるエネルギーには圧倒です。今号は急きょ、表紙を羽生さんに差し替えました。そして、宇野昌磨さんは銀メダル、快挙です。

 オーラといえば、水俣病を告発した作家の石牟礼道子さんもそうです。鎌田慧さんは書きます。「地上よりすこし上、中空から見下ろしているような、透明な視線を感じていた」。また「死者の声をこころで聴いた」作家と記します。享年90。石牟礼文学の遺産は計りしれません。
(城倉由光)