お知らせ

サンデー毎日7月2日号は6月20日発売。

 まさしく"暴挙"でしょう。「共謀罪」の強行採決のことです。与党は「中間報告」という異例の策を使って参議院の法務委員会採決をせず、本会議採決を強行しました。「安倍1強」政権と呼ばれるゆえんです。加計(かけ)学園問題についても「真相解明」はなされないまま、国会が閉じられます。"不都合な真実"にはフタということでしょうか。
 一方で、都議選(7月2日投開票)が本格スタート。今週号で都議選「当落」を特集しましたが、焦点は小池百合子・東京都知事が率いる「都民ファーストの会」の勢いの度合いでしょう。都議選は国政の行方を占う重要選挙だけに目が離せません。
(城倉由光)