お知らせ

サンデー毎日3月12日号は2月28日発売。

『レディ・ジョーカー』『冷血』を本誌で連載してくださった作家の高村薫さんが、藤原章生氏による今週号インタビューで「今は絶望の時代」と語っています。「唯一の活路は、誰もがみな、身の回りの絶望的な状況を認めること」と言うのです。たとえば、表現の世界では「小説の言葉」が衰退したことで、「世界が平板化」していると警告を発しています。その背景には「人々の知的な営みの衰えがある」とも。
 ドキッとするインタビュー記事ですが、大作家ならではの"時代のデッサン力"。皆さんはどう感じられたでしょうか。来週号も、高村さんの考える「死生観」「老い」についての記事を掲載する予定です。
(城倉由光)