お知らせ

サンデー毎日2月5日号は1月24日発売。

 トランプ時代がスタートしました。とはいえ、米国内はトランプ大統領を巡って"分断"が続きそうです。「米国ファースト」を唱えるトランプ氏が、グローバル経済から極端な保護貿易主義に傾くなら世界の様相は一変するかもしれません。
 一方で、日本はどうか。今週号、「サンデー時評」の筆者、倉重篤郎氏が鳩山由紀夫元首相に取材したところ、首相当時を振り返って「高級官僚は立身出世のため、"時の政権"に背き、米国に従っていた」と明かしています。沖縄の辺野古移転問題については"公文書偽造"までして「(官僚は)私を騙(だま)した」と鳩山氏は驚愕(きょうがく)証言。今後の日米関係の行方は目が離せません。
(城倉由光)