お知らせ

サンデー毎日8月7日号は7月26日発売。

 天皇陛下の「生前退位」問題はどうなるのでしょうか。今週号から評論家の保阪正康氏による「『象徴天皇制』を解読する」とのタイトルで、短期集中連載をスタートしました。明治時代以来の「天皇制」について、改めて多様な議論をすることで生前退位論の行方が見えてくる気がします。
 さて、今週号の表紙は「シン・ゴジラ」。第1作の「ゴジラ」から62年目の今夏、新作「シン・ゴジラ」が映画公開されます。主演の長谷川博己さんは、本誌の座談会で「日本人がゴジラ映画を求める時期って、もしかすると時代の混沌(こんとん)期なんじゃないでしょうか」と語っています。まさに、至言でしょう。
(城倉由光)