お知らせ

週刊エコノミスト9月19日号「異次元緩和の賞味期限」発売

エコノミスト最新号9月11日発売。特集は「異次元緩和の賞味期限」。

日銀の異次元緩和で実現したことは長短金利のゼロ%近傍維持、円安、そして資産バブルの醸成。実現できなかったことは物価目標2%達成。今、日銀は物価2%達成まで量的緩和を続けると宣言していますが、その手段である国債買い入れは無限に続けられるわけではありません。買える国債の残高はいずれ尽きた時、量的緩和で抑えてきた長短金利、円安、資産バブルのコントロールは効くのか。

カバー記事「量的緩和の限界迫る 買える国債がなくなる時」はこちらから読むことができます。

目次はこちらをクリック
ぜひご覧ください。