俳句αあるふぁ紹介

書影:俳句αあるふぁ2019年秋号
loading...

金子兜太生誕百年
俳句αあるふぁ2019年秋号

  • 発売日2019年9月14日

ISBN:978-4-620-
定価:本体1,111円(税別)
判型:A5判
頁数:272頁
ジャンル:俳句あるふぁ

◆特集1/金子兜太生誕

 「この世を去っても、私は、言葉となって生き続ける」

2019年9月23日は、金子兜太氏が生きていれば、百歳を迎える日です。

この日、兜太俳句の最終章である、待望の第十五句集『百年』(出版)が刊行され、生誕の地である埼玉県皆野町では「金子兜太百年祭」が開催されます。 

句集『百年』の刊行に先立ち、宇多喜代子・高野ムツオ・田中亜美・神野紗希の四氏が、同句集所収の作品を紹介しつつ、晩年の兜太俳句を語ります。

また、俳句を通した社会的活動にも力を注いだ兜太氏について、黒田杏子・マブソン青眼の両氏が語ります。

◆特集2/自選200句で読む・大串章の俳句世界

 大串章/俳句とともに

◆特集3/蛇笏・龍太の俳句を読む ー 山廬を訪ねて

【鼎談】飯田秀實 × 石寒太 × 井上康明

◆夏井いつき氏連載「発掘 忌日季語辞典⑦」 「アベベ・ビキラ忌」入選句発表!

◆かけ出し俳人のための心得教室⑦「詠み人」から「読み人」へ立場を換えてみる

<もくじ>

◆特集・金子兜太 生誕百年

 句集『百年』より二十句抄と評
  宇多喜代子/百年の次へ 
  高野ムツオ/句集『百年』の本当の重さ 
  田中亜美/仰ぎゆく花―金子兜太句集『百年』を編んで 
  神野紗希/朝の光、朝の人 

 最晩年の兜太を語る ー 俳人として、思想家として
  黒田杏子×マブソン青眼

◆シリーズ「季語を考える」⑥

 黒川悦子/季語はツール
 鶴岡加苗 /現象と言葉の両面から
 中岡毅雄/季語はルールであるー虚子の目を通して 

◆夏井いつき/発掘 忌日季語辞典⑦

 貞奴忌/アベベ・ビキラ忌・入選句発表!

【新作俳句】

 友岡子郷・大木あまり・中村和弘
 嶋田一歩・澤井洋子・角谷昌子・橋本喜夫・中田剛
 高倉和子・橋本直・宮本佳世乃・杉田菜穂・堀切克洋

【かけ出し俳人のための心得教室】⑦「作句への取り組み方」

 藺草慶子/鑑賞から作句へ 
 渡辺誠一郎/青邨・鬼房の俳句、そしてジェンダーレスなどの動きから
 鳥居真里子/ことばを音の調べにのせて 
 明隅礼子/コラム 子どもの言葉

【カラー連載】
中村琢磨/太陽のうた
伊藤伊那男/一句一菜⑦(10月、11月、12月、旬のレシピ)
石田郷子/山里暮らし⑦「山里の祭」

【大好評連載】
宇多喜代子/移りゆく日本の暮らし⑦「蛇籠のこと」
髙柳克弘のよくわかる名句鑑賞⑦
星野高士の添削塾 ⑦

【カラー歳時記】
暮らしの歳時記365日(10月、11月、12月)

【ニュース:あるふぁウオッチ】
 金子兜太生誕百年を迎え、句集『百年』刊行ほか
 橋本シャーン氏、逝く
 俳句界ニュース
 インフォメーション/金子兜太百年祭ほか

【あるふぁ俳壇 入選作品発表】

池田澄子・井上弘美・小川軽舟・高野ムツオ、選

【BOOKS】

『俳句必携1000句を楽しむ』/宮坂静生著/評・高田正子、ほか

著者紹介情報読み込み

購入サイト

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット

書店によっては在庫が
ない場合があります。

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  •   
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ
  • Newsがわかる
  •