俳句αあるふぁ紹介

書影:俳句αあるふぁ2018年春号
loading...

追悼特集/存在者・金子兜太「自由に生きる」
俳句αあるふぁ2018年春号

  • 発売日2018年3月14日

ISBN:978-4-620-
定価:本体1,111円(税別)
判型:A5判
頁数:304頁
ジャンル:俳句あるふぁ

◆追悼 金子兜太

「存在者・金子兜太 自由に生きる」

2018年2月20日、金子兜太氏が逝去されました。本特集は、生前のインタビューを含め、全句集からの作品と後記の抄出、つねに「平和」を希求したその精神、戦前から晩年までの写真の記録、代表句鑑賞など、金子兜太の仕事を記録にとどめるための、全77ページの構成でお届けします。

<執筆陣>

加古陽治/「平和の俳句」と金子兜太

宮坂静生/兜太の宇宙・あきらの宇宙

黒田杏子/「存在者」への長い道程

芳賀 徹/「土のデモン」─茂吉と兜太

武田伸一「海程」と金子兜太

小川軽舟「いのち」「大地」「水」の俳句

石 寒太「寒雷」時代の金子兜太

マブソン青眼金子兜太に惹かれて 俳句弾圧の碑 建立まで

田中亜美これからの金子兜太

<作品鑑賞>

金子兜太自筆色紙による自選12句と代表20句

鑑賞・武田伸一

<写真>

金子兜太アルバム1:終戦まで

金子兜太アルバム2:社会性俳句の時代

金子兜太アルバム3:定住漂泊の時代

金子兜太アルバム4:存在者として

<金子兜太インタビュー>

「人間存在と俳句」聞き手・石寒太

<句集(抄)と後記(抄)>

第1句集『少年』から、第14句集『日常』までの全句集から、作品と後記を抄出。

◆対談①『天の川銀河発電所』発刊記念対談

佐藤文香×正岡豊「若手俳人の世界を語る」

◆対談② 戦後から未来へ 〜暮らしと俳句を語る

宇多喜代子×石寒太

【新連載】

夏井いつき/発掘 忌日季語辞典①

宇多喜代子/移りゆく日本の暮らし①

伊藤伊那男季語を味わう一句一菜① 4・5・6月

星野高士/星野高士の添削塾

石田郷子/山里暮らし①

髙柳克弘/髙柳克弘のよくわかる名句鑑賞①

【新作俳句】

有馬朗人・片山由美子

千原叡子・ 本井 英倉田明彦・ 山下知津子・ 井上弘美

四ッ谷 龍小林貴子・ 岸本尚毅関 悦史・ 野口る理

【かけ出し俳人のための心得教室①「俳句のかたち」

津髙里永子/俳句はリズム

櫂 未知子/季語を活用する

遠藤若狭男/「切字」の存在意義

仙田洋子/わたし流「句帖」の使い方「こだわりなく

【あるふぁ俳壇 入選作品発表】

<新選者>小川軽舟・片山由美子・高野ムツオ・正木ゆう子

【歳時記】

花と緑の歳時記365日

著者紹介情報読み込み

購入サイト

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット

書店によっては在庫が
ない場合があります。

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ