俳句αあるふぁ紹介

書影:俳句αあるふぁ2017年2 - 3月号
loading...

芭蕉 ー 旅と生涯
俳句αあるふぁ2017年2 - 3月号

  • 発売日2017年1月14日

ISBN:978-4-620-
定価:本体954円(税別)
判型:B5判
頁数:128頁
ジャンル:俳句あるふぁ

◆創刊25周年記念「東西競詠」第1回

 金子兜太・新作5句「新年」
 稲畑汀子・新作5句「冬めく」

◆特集「芭蕉ー旅と生涯」

本誌では、これまで何度も芭蕉の特集をしてきました。
それほど芭蕉にはつきない魅力があります。
今号は芭蕉の旅と生涯の総集編です。

 ◎芭蕉の物語
 ◎芭蕉の旅と俳句
 ◎芭蕉の秀句30
 ◎芭蕉のことばを学ぶには
 ◎松尾芭蕉略年譜

◆今、この人「井上康明」インタビュー

蛇笏・龍太の「雲母」、そして「白露」を経ての新しい「郭公」を創刊して四年。郷里に関することにかかわってみよう、そんな気持ちがどこかにあった。風土に根ざしたスケールの大きな骨太の句をめざす。それが飯田蛇笏・飯田龍太を継ぐ自分の俳句につながると信じている、と語る。

◆特集「 佐藤郁良の世界 」

 佐藤郁良自選200句
 見守るひと/櫂 未知子
 若者とともに歩む/佐藤郁良

■わたしの来し方行く末(23)

 鈴木節子

●俳句が生まれる現場

 林 桂

●今月の俳句
 深見けん二・寺井谷子
 津沢マサ子・小路智壽子・遠藤若狭男
 谷口智行・三浦亜紀子・冨田拓也

●新世紀の俳人たち
 高木康枝・龍 聴蓉

【連載】

●新秀句鑑賞55/小澤實・選
 臼田亜浪・久保田万太郎・宗田安正・稲畑汀子・長谷川櫂

●寺田寅彦随想(18)
 モンタージュこそ、連句・連歌の手法/有馬朗人

●エッセイ「あんな日があってこんな日」
 春浅く/池田澄子

●宮坂静生の「句集歴程」(24)

●連載「提言・俳句の未来へ」第5回
 こまめに驚くために /阪西敦子

●古今俳人手帖(48)「上田五千石」

●文人の書画「三木露風」

●散歩の雑草
 葵菫(あおいすみれ)・白花蒲公英(シロバナタンポポ)

●野鳥の歳時記「尉鶲(ジョウビタキ)」

●日本こころの歌の風景

「どこかで春が」「靴が鳴る」

●色の歳時記365日

■あるふぁ文庫「後藤夜半100句」

著者紹介情報読み込み

購入サイト

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット

書店によっては在庫が
ない場合があります。

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ