俳句αあるふぁ紹介

書影:俳句αあるふぁ2016年12 - 2017年1月号
loading...

俳句αあるふぁ2016年12 - 2017年1月号

  • 発売日2016年11月14日

ISBN:978-4-620-
判型:B5判
ジャンル:俳句あるふぁ

◆企画特集「保存版詩歌歳時記・暮らしのうた」

わたくしたちの暮らしにはたくさんの節目があります。その節目には、さまざまな行事があり、しきたりがあって、四季の移りかわりのなかでそれらを追い、行事を尊びながら、それに支えられて生きてきました。この号では、そのような日本人のこころのありようを、もう一度ふりかえってみたいと思います。

以下、2本の記事とともにどうぞ。

 ◎年の瀬から明るい年へ/金原亭馬生
 ◎骨正月 /宇多喜代子

◆今、この人「正木ゆう子」インタビュー

9月に、第5句集『羽羽(はは)』を上梓。家族、ふるさと熊本への熱い思いが、この句集にはぎっしりとこめられている。両親とも俳人だったが、特に、兄・浩一にすすめられて俳句をはじめた。その兄は49歳の若さで逝き、先頃、看病に尽くした母も見送った。

父母亡くてもうどこまでも寒の晴
母あれば父あるごとく青簾
兄の忌のさくらの中の槇の丈

正木ゆう子の「今」を伝えるインタビュー。 

◆特集「 仙田洋子の世界 」

 仙田洋子自選200句
 生への讚歌/藺草慶子
 心おもむくままに/仙田洋子

◆兜太の日々俳活「97歳の誕生日を祝う」

■わたしの来し方行く末(23)

 千原叡子

●俳句が生まれる現場

 德田千鶴子

●今月の俳句
 池田澄子・茨木和生
 山川幸子・松尾隆信・辻恵美子
 檜山哲彦・石田郷子・竹岡一郎

●新世紀の俳人たち
 大垣内暖人・藤田麻依子

【連載】

●新秀句鑑賞54/小澤實・選
 五百木瓢亭・橋詰沙尋・森 澄雄・飯島晴子・藤井あかり

●寺田寅彦随想(17)
 漱石の句に対する愛弟子三人の合評(2)/有馬朗人

●エッセイ「あんな日があってこんな日」
 冬麗/池田澄子

●宮坂静生の「句集歴程」(23)

●連載「提言・俳句の未来へ」第4回
 歴史への意識 /堀下 翔

●古今俳人手帖(47)「田中裕明」

●やさしく学ぶ俳句の歴史(72)
 四S以後の代表俳人(2)松本たかし

●文人の書画「菊池 寛」

●散歩の雑草
 アロエ・姫立金花(ヒメリュウキンカ)

●野鳥の歳時記「深山頰白(ミヤマホオジロ)」

●日本こころの歌の風景

「砂山」「一月一日」

●色の歳時記365日

■あるふぁ文庫「綾部仁喜100句」

著者紹介情報読み込み

購入サイト

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club

書店によっては在庫が
ない場合があります。

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ