書籍紹介

書影:虫は人の鏡 擬態の解剖学
loading...

虫は人の鏡 擬態の解剖学

著者養老 孟司、写真・海野 和男

  • 発売日2020年12月19日

ISBN:978-4-620-32662-7
定価:本体2,200円(税別)
判型:A5判
頁数:216頁
ジャンル:サイエンス・自然科学

カモフラージュ、なりすまし、威嚇、死んだふり・・・虫の面白さは「擬態」にあり。なぜ虫はこんな色と形をしているのか。擬態を考察すると人間がわかる。解剖学者・養老孟司の思想の原点。初心者から本格的な虫好き(虫嫌い)まで、圧巻のビジュアルとともに<自然の見方>が学べる1冊。すべての現代人に贈る珠玉の虫エッセイ! オールカラー。

「私が虫なら、ヒトを笑う。こういう生き方があることを教えてやりたいよ」

擬態はゲノムのすることなのに、脳がすることにソックリである。もちろんそれは、神経系の機能の反映だからである。脳はそこに自分の秘密を見る。十九世紀およびそれ以前の科学者たちは、虫がする本能的行動を見て感嘆した。これこそ神の設計にほかならない、と。かれらは進化を知らなかった。だから、本能のほうが先で、神経系がそれに従って形成されたことに気づかなかったのである。かれらは虫を見て、本能を発見したつもりだったが、発見したのは、自分自身の出自だった。いまでもそうは思っていない人は、たくさんいるはずである。脳はなにか特別で、心というはたらきを示す。虫は馬鹿の一つ覚えをくりかえしているだけだ、と。(本文より)

(目次)

00  なぜ虫か
01  カモフラージュ
02   警戒色
03  トラが出る!
04  目玉模様 

対談  偶然か必然か

05  オーストラリアの虫

06  アフリカの虫

07  メタリック
08  気味が悪い
09  堅い虫
010 死んだふり
011 ダマシとモドキ
012 似る努力
013 不思議な形
014 蝶の斑紋
015 キノコムシ
016 雄と雌
017 つがいと子育て
018 普通種
019 どこにでもいる虫
020 雑木林の虫
021 虫とヒト

    索引

loading...

購入サイト

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • セブンネット

書店によっては在庫が
ない場合があります。

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  •   
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ
  • Newsがわかる
  •