書籍紹介

書影:トランスジェンダーの私がボクサーになるまで
loading...

トランスジェンダーの私がボクサーになるまで

著者トーマス・ページ・マクビー

  • 翻訳小林 玲子
  • 発売日2019年8月31日

女性として生まれた著者。しかし心の性と体の性が一致せず、30歳の時に男性になる。ただ、外見は男性になったものの、社会で「男らしく」行動するとはどういうことか、かえって悩むことに。そこで、最も男らしいとされているボクシングの世界を見ることに決め、アマチュア・ボクシングのチャリティーマッチに思い切って応募する。「男らしさ」、そして「男性」とは何なのか? 男性としても、ボクサーとしてもまだ歩き始めたばかりの自己を見つめたノンフィクション。

ISBN:978-4-620-32597-2
定価:本体2,000円(税別)
判型:四六判
頁数:240頁
ジャンル:ノンフィクション

男はなぜ闘うのか? 私は何と闘うのか?
ひとりのジャーナリストが、
身をもって経験した 「男らしさ」の意味。

......トランスジェンダーの物語は(略)たいてい、こんな幸せの象徴とともに締めくくられる。主人公の男女は、肉体的な変化を通して、「ついに本当の自分になりました」。いい話ではあるし、実際にそういった面もあるのだろう。(略)けれど私の物語はそこでは終わらない。終着点は、まだはるか遠くにある。
 私は30歳で転身を果たした「男の初心者」で、私の体は人間という存在の真実を明かしている。(略)けれど自分の体になじめばなじむほど、その持ち主として期待されることへの居心地の悪さは深まった。(略)なぜ、男は闘うのか? 本書は、その答えを見つけるまでの物語だ。(本文より)


《著者紹介》
トーマス・ページ・マクビー

ジャーナリスト。ウェブマガジン「クォーツ」編集部を経て、LGBTQ に関するウェブマガジン「ゼム」編集部に。著書『Man Alive』でラムダ賞受賞。本書はベイリー・ギフォード賞、ウェルカム賞にノミネートされる。本書の取材で、マディソン・スクウェア・ガーデンで行われたボクシングのマッチで闘った最初のトランスジェンダーの男性となる。これまで「ニューヨーク・タイムズ」紙や「プレイボーイ」誌などに寄稿。現在、ニューヨーク市立大学大学院でジャーナリズムの講座を持ち、放送作家としても活躍している。


《訳者紹介》
小林玲子(こばやし・れいこ)

1984年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。早稲田大学大学院英文学修士。主な訳書に『ユリシーズを燃やせ』(柏書房)『世界一おもしろい国旗の本』(河出書房新社)『子どもには聞かせられない動物のひみつ』(青土社)『大人になるまえに知っておきたいお金のこと』(ひさかたチャイルド)などがある。

loading...

購入サイト

  • Amazon
  • 楽天ブックス

書店によっては在庫が
ない場合があります。

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  •   
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ
  • Newsがわかる
  •