書籍紹介

書影:息子ってヤツは
loading...

息子ってヤツは

著者室井 佑月

  • 発売日2016年6月24日
  • 配信日2016年6月24日

ISBN:978-4-620-32389-3
定価:本体1,400円(税別)
判型:四六判
頁数:240頁
ジャンル:随筆・エッセー

テレビでは見ることの出来ないひたむきな母親の素顔を覗かせた、8年ぶり注目の新刊。
愛と葛藤の日々を赤裸々につづる、私小説のような子育てエッセイ。


母は、勉強嫌いな息子をいかに中学受験合格に導いたのか?
室井流「男育成」のカギがここに。

「息子には、生きる意味や自分の居場所を見つけてほしい」――。
そんな母の願いからはじまった、母子二人三脚による受験という闘い。
入塾テストから始まり、受験を前にした小学校生活、震災を境に変化した「勉強」の意義......。
母は息子のために子離れを決意し、親子は地方の寮制中高一貫校を目指してゆく。

息子を育てる悩める日々、そして子育てをしているから見えてくる「何かがおかしい」日本社会の姿を、室井節で痛快に斬りつつも、母としての柔らかな感性でつづる。

フリーマガジン「5L」(ファイブエル)にて好評連載中のエッセイに、ゆづきいづる氏による書き下ろし3コマ漫画を加えて、待望の書籍化。
小3~高1まで8年分の息子・珍エピソードに、子育て経験者たちから共感の声、続々!!


――たぶん、子どもを生んで育てることは、博打好きであったあたしの人生の中でも、初の大博打なんだろうと思う。

――離れれば離れるほど、わたしたち親子の信頼という気持ちが試される。もっともっと試したい、とあたしは思う。

――だから、電話はたまにしかかけない。そして短く終わらせる。そのために、それ以外の時間、いっぱいいっぱい息子のことを考えている。

――あのね、ママには二つの喜びがある。あんたを育てる喜びと働く喜び。
(本文より)

loading...

購入サイト

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • ブックサービス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット

書店によっては在庫が
ない場合があります。

電子購入サイト

  • Amazon Kindleストア

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  •   
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ
  • Newsがわかる
  •