書籍紹介

書影:ザ・100年企業
loading...

ザ・100年企業

著者桐山 友一、板谷 敏彦、横山 和輝、永江 雅和、横山 渉、田中 彰、赤間 裕弥、村瀬 英彰、松原 聖、エコノミスト編集部

  • 配信日2018年1月29日

頁数:35頁
ジャンル:週刊エコノミストebooks

企業が100年間、その歩みを続けるのは容易ではない。激動の時代を生き抜く知恵を100年企業に求めた。 本書は週刊エコノミスト2018年1月16日号で掲載された特集「ザ・100年企業」の記事を電子書籍にしたものです。

第1部 日本的経営の源流
・持続的な成長への岐路 100年企業に学ぶ知恵
・インタビュー【パナソニック 津賀一宏社長】「幸之助の教え胸にイノベーション起こす」
・第一次世界大戦と100年企業 国産化促した輸入途絶と特需
・100年の転機① 関東大震災・昭和恐慌 無審査融資があだに
・【安全自動車 中谷宗平社長】輸入車販売から検査・整備機器へ
・【SMBC日興証券 清水喜彦社長】多種多様な人材の集合体
・【NTN 大久保博司社長】機械に欠かせないベアリング
・100年の転機② 敗戦 船舶など国富の25%被害
・【関西ペイント 石野博社長】自動車・建築・工業の3本柱
・【グローリー 尾上広和社長】ゼロから硬貨計数機開発
・【神戸屋 桐山健一社長】米国への憧れを象徴したパン
・100年企業と日本的経営 「合本主義」と「人間主義経営」
・【GSユアサ 村尾修社長】「天気晴朗ナレドモ...」を打電
・100年の転機③ 高度成長とオイルショック 10%成長が20年近く継続 日本的企業システム定着
・【シチズン時計 戸倉敏夫社長】昭和天皇ご愛用の懐中時計
・【駿河台学園 山崎良子理事長】根底は変わらぬ「愛情教育」
・【象印マホービン 市川典男社長】割れない魔法瓶が大ヒット

第2部 長寿企業の強さ
・データで見る「100年企業」7つの秘密
・100年の転機④ バブル経済と崩壊 「リスクマネー」が消失 内部留保蓄積の悪循環
・【帝人 鈴木純社長】鈴木商店源流の化繊から素材・医療の2本柱へ
・【東洋電機製造 寺島憲造社長】鉄道を幅広い電機品で支える
・【日本板硝子 森重樹社長】ガラスの進化で需要が拡大
・【日本精化 矢野進社長】樟脳から化粧品原料にシフト
・100年の転機⑤ リーマン・ショック ドル枯渇で設備投資抑制 円高で競争力に揺らぎ
・【ハナマルキ 花岡俊夫社長】100年でもまだ若い
・【ホーチキ 山形明夫社長】火災犠牲者ゼロ目指して「非戦」貫かせた企業理念
・【松井証券 松井道夫社長】独立保った堅実経営
・【守山乳業 大塚直人社長】日本で初めてコーヒー牛乳販売
・これから100周年を迎える主な企業


【執筆者】
桐山 友一、板谷 敏彦、横山 和輝、永江 雅和、横山 渉、田中 彰、赤間 裕弥、村瀬 英彰、松原 聖

【インタビュー】
津賀 一宏

loading...

購入サイト

書店によっては在庫が
ない場合があります。

電子購入サイト

  • Amazon Kindleストア

毎日新聞出版の雑誌

  • サンデー毎日
  • 週刊エコノミスト
  • MMJ
  • 俳句あるふぁ