書籍紹介

書影:丸ノ内、八重洲の不動産異変
loading...

丸ノ内、八重洲の不動産異変

著者花谷 美枝、高橋 加寿子、鈴木 公二、関 大介、エコノミスト編集部

  • 配信日2017年10月12日

ジャンル:週刊エコノミストebooks

不動産価格が上昇し、過熱感を指摘する声が出てきた。特に、東京駅周辺は話題が多く、土地も値上がりしている。 本書は週刊エコノミスト2017年8月8日号で掲載された特集「丸ノ内、八重洲の不動産異変」の記事を電子書籍にしたものです。


目 次:
はじめに
丸の内、八重洲 都心の地価はもう限界 不動産の利回りは最低水準
八重洲の飲み屋街を再開発 丸の内と並ぶオフィスに
圏央道周辺に大型施設が増加 地価を押し上げる「物流バブル」
Jリート 売りに回る投信や金融機関 分配金利回り上昇で「買い時」

【執筆者】
花谷 美枝、高橋 加寿子、鈴木 公二、関 大介

loading...

購入サイト

書店によっては在庫が
ない場合があります。

電子購入サイト

  • Amazon Kindleストア