書籍紹介

書影:人口でみる世界経済
loading...

人口でみる世界経済

著者黒崎亜弓、藻谷浩介、河野龍太郎、大泉啓一郎、宮下裕美、熊谷徹、福田直子、加藤久和、落合恵美子、酒井雅浩、小峰隆夫、吉川洋、鬼頭宏、権丈善一、グナル・ハインゾーン、週刊エコノミスト編集部

  • 配信日2016年12月 9日

ジャンル:週刊エコノミストebooks

"経済指標のなかで、最も確実に、かつ長期で予測できるのが人口だ。現役世代の減少と高齢者の急増は日本ばかりでなく、欧州やアジアでも始まっている。一方、アフリカや中東では過剰な若年層「ユース・バルジ」が紛争やテロの下地にある。人口データを基に世界の先を見る。
本書は週刊エコノミスト2016年10月4日号で掲載された特集「人口でみる世界経済」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
・人口でみる世界経済
・Part1 経済を大きく動かす人口
・『デフレの正体』を世界に
・中国の人口・成長構造
・アジア 富む前に老いる
・ドイツの働き方改革
・インタビュー グナル・ハインゾーン
・Part2 人口と経済をめぐる議論
・出生率低下のタイミングが「長寿社会」のあり方を左右する
・高齢化・人口減少で世界に先行する日本の未来
・歴史の潮流
・日本の社会保障

【執筆者】
黒崎亜弓、藻谷浩介、河野龍太郎、大泉啓一郎、宮下裕美、熊谷徹、福田直子、加藤久和、落合恵美子、酒井雅浩、小峰隆夫、吉川洋、鬼頭宏、権丈善一、週刊エコノミスト編集部

【インタビュー】
グナル・ハインゾーン

loading...

購入サイト

書店によっては在庫が
ない場合があります。

電子購入サイト

  • Amazon Kindleストア
loading...